中小企業DX導入プロジェクトとは?

本サイトでは日本の全企業数のうち99.7%を占める中小企業に特化して、DX(デジタルトランスフォーメーション)導入事例や様々なツールを紹介しております。

DXの推進は今後必要不可欠ですが、中小企業にとっては容易ではなく中長期的な視点を持って取り組むべき課題です。コスト面、リソース面などがネックになりDXの推進がうまくいかないことは多いですが、補助金制度の活用や低コストなサービスをまずは小規模で活用するなどしてDXの推進を進めていきましょう。

当サイトは公益社団法人東京青年会議所が運営しています。

DX(デジタルトランスフォーメーション)とは?

新型コロナウイルスの影響により急速に知られるようになった用語『DX(デジタルトランスフォーメーション)』。 ここでは Wikipedia を引用し、説明させていただきます。

デジタルトランスフォーメーション(英: Digital transformation; DT or DX)とは、「ITの浸透が、人々の生活をあらゆる面でより良い方向に変化させる」という概念である。デジタルシフトも同様の意味である。2004年にスウェーデンのウメオ大学教授、エリック・ストルターマンが提唱したとされる。ビジネス用語としては定義・解釈が多義的ではあるものの、おおむね「企業がテクノロジー(IT)を利用して事業の業績や対象範囲を根底から変化させる」という意味合いで用いられる。

なお、本用語は「DX」と表記されることが多いが、それは英語圏では「transformation」の「trans」の部分を「X」と略すことが一般的だからである。

Wikipedia

推進事例

「~オンライン分身ロボット『OriHime(オリヒメ)』で旅をあきらめない~高知バリアフリーアドベンチャーツアープロジェクト」が観光庁が主導する「来訪意欲を増進させるためのオンライン技術活用事業」に採択されました。

「~オンライン分身ロボット『OriHime(オリヒメ)』で旅をあきらめない~高知バリアフリーアドベンチャーツアープロジェクト」

高知県では、2002年に障がい者スポーツ大会が開催されたことが、県をあげてバリアフリー化に取り組むきっかけになっているそうで、現在も高知県内各所におけるハード・ソフト両面のバリアフリー調査が続けられています。

「OriHime」の感情表現機能を用いた双方向のリアルタイムコミュニケーションが可能であり、ツアー参加者の体験価値の向上に繋がる事が期待されます。

https://digital-x-project-gov.note.jp/n/n0b51f566b30e

新着事例



業種別事例