(自動車向け部品製造開発)

DX 導入事例

設備のIoT化と企業間のクラウド連携

課題

・大手・中堅メーカーが占領している市場への開拓
・設備の稼働状況の把握

導入目的

大手・中堅が占める需要へ向けた商品の供給

導入ツール

IoTデバイス、クラウドネットワーク、中小企業同士での企業連合発足

導入サポート企業

株式会社フォトシンス

導入効果

提携した企業間で製造設備の状況を共有化することで、どこかの会社で受けきれない発注が来た場合にも引き受けることができるように。また、金型のデータを共有し合うこともできるため、依頼から製造までのスピードがあがった。

導入までの期間

1年

導入までの費用

活用した助成金